困ったこと・お留守番ができない <犬>

 

犬が独りで過ごすことに慣れていなかったり、 一人でのお留守番に不安感を持っていたりするとお留守番できないことがあります。ところが、「ウチの子はお留守番ができないから、ずっと傍にいなくてはいけない」という気持ちが、余計にお留守番ができない状態にさせることが多いようです。どのようにしたら、解決ができるのでしょうか?

 

 

解決のポイント

 

 

1.犬に「お留守番が特別なことではなく、日常の当たり前のひと時である」ということを教えるためには、お留守番をさせる時に飼い主さんが犬に特別な行動をとらないことが大切です。また、不安感や寂しさを感じさせないような工夫をしてあげましょう。 

(1)飼い主さんが出掛ける時、犬に「行ってくるね」などと声を掛けないようにしましょう。また、飼い主さんが帰宅された時も、犬最優先で声を掛けないようにしましょう。飼い主さんの帰宅が嬉しくて騒いでいる犬に声を掛けてしまうと、「騒げば相手をしてもらえる」と思わせてしまうことになります。帰宅後、しばらくして犬が落ち着いたら、「ただいま」と声をかけましょう。

(2)飼い主さんが外出してしまうのではないかと犬に思わせてしまう一連の行動を日常生活の中でも行ってみましょう。例としては、車の鍵を持ってリビングでくつろぐ、かばんを持ったままテレビを見るなどが挙げられます。 人がいる時と同じような状況を保ってあげるため、飼い主さんの留守中も小さな音でラジオやテレビなどをつけたままにするとよいでしょう。また、小さな明かりを付けることもよいかと思います。

(3)お留守番をさせる前に犬を連れて長めの散歩に出たりするなどのコミュニケーションを十分にとることで、犬に満足感のある疲れを感じさせてあげましょう。

(4)夢中になって遊べるようなオモチャを与えてから外出しましょう。なお、オモチャを与える際には、飲み込んだり、食べてしまう危険性のないものを選びましょう。 


2.犬が一人でいることに少しずつ慣らす練習をしていきましょう。
犬に飼い主様に構ってもらうのが当たり前だと思わせないようにすること、 出かけても必ず飼い主様は戻ってくると犬に安心感を持たせることなどがポイントです。

(1)犬に「一人でいることが特別ではない」と感じさせてあげるためには、ケージやサークルなどの限られたスペースで過ごす習慣を付けるとよいでしょう。これらのスペースが心地良い場所だと犬に感じさせてあげるためには、ケージやサークルなどに入ればオヤツなどのご褒美が与える、あるいは飼い主様に褒められた後やお食事やお散歩など、犬の大好きなことを済ませた後にケージやサークルなどに入れるようにしてあげましょう。外に出たいと吠えたりすることがあるかもしれませんが飼い主様は 知らん顔をして、犬に声もかけず、できるだけ構わないようにしましょう。
     
(2)犬が飼い主様の後追いをしようとしたら、「オスワリ」、「マテ」などで犬を制止して頂き、その後、「ヨシ」と声を掛けることで後追いをすることへの許可を出してあげましょう。 

(3)まず、お部屋などで犬がひとりで過ごす練習から始めるとよいでしょう。時間は、飼い主様が戻った時にお利口さんでいられるくらいの、ほんの数分から始めます。お利口にしていられたら褒めてあげましょう。

(4)次に、実際にお留守番の練習です。こちらもほんの数分、飼い主様が玄関から出るくらいの距離からスタートです。飼い主様が戻った時に犬がお利口にしていられたら褒めてあげましょう。

 

※コメント欄は、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。予めご了承ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2022-04-08 15:00:46
>サクラ様
生活や環境の変化はわんちゃんに少なからず影響を与えますが、特に日常の生活に支障が出たり、体調面に影響を及ぼしているようなご状況では、適切な対応や必要に応じた治療が重要となってまいります。そのため、行動学を専門とする獣医師やトレーナーにご相談なさって、わんちゃんの実際のご様子に適した対応についてご確認していただくことをおすすめいたします。
サクラ
2022-04-05 20:47:14
続き
すると自らサークルに入り待っているのですが、食べ終わると大声でほえ、掛けてある防音カーテンを引っ張り込みサークルの破壊、水をこぼし、帰宅するとサークルの奥で小さく怯えています
どうすればいいか困っています
サクラ
2022-04-05 20:44:49
幼少期に分離依存で血尿、血を吐く事を繰り返していましたが少しずつ慣れ今8歳になりました。4時間程度であれば問題なく留守番ができるようになっていたのですが祖母が入院をしたことにより8時間ほどの留守番【長時間は祖母に預けていました⠀】家での留守番が増え、そこに近隣の工事の音、インターホン、子供が入学したことにより朝のルーティンが変わり生活環境も一変しました
お留守番用のおやつ【特別なおやつ⠀】を
アニコム獣医師
2022-02-16 11:25:03
>リン様
少しずつお留守番に慣れさせるために、まず、ケージを安心できる場所と思ってもらえるよう、ご飯やおやつをケージであげる等のハウストレーニングをしてみましょう。また、かばんを持っても出て行かない、リビングのドアを開けても出て行かずに閉めるなど、外出するフリを普段から行ってみましょう。お留守番中に遊べるおもちゃを用意するのも一つです。おもちゃは、誤飲してしまうことのないよう注意しましょう。
リン
2022-02-10 01:30:42
3ヶ月のトイプードルを迎えて1週間になりました。リビングにケージを置いています。人がちょっとでもいなくなると激しく鳴いて、天井に頭をぶつけながらも出ようとして暴れます。無視をして諦めるのを待つのが良いと見るのですが、なかなか鳴き止まず近所迷惑も考えると常にリビングにいないといけない状況です。今後お留守番もしてほしいのですがどのようにしたらよいでしょうか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。