喘息 <猫>

概要

Overview

喘息とは呼吸の時に空気の通り道となる気管支が、なんらかの原因で細くなってしまい、反復的に呼吸困難を起こす病気です。猫が呼吸する時にゼーゼーという音を出すのが特徴です。

喘息の診療フローチャート

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

喘息にはアレルギーが原因として潜んでいることが多く、アレルギーの原因物質となるハウスダストや花粉・食べ物等のアレルゲンにより、細い気管支に炎症を起こさせることによって呼吸困難に陥ります。シャムの猫に多く見られるとされています。

症状

ゼーゼーという音を呼吸するとともに発し、咳、チアノーゼ等の症状も起こします。発作が重症になると呼吸困難となり、命にもかかわることがあります。

治療

気管支拡張剤や抗生物質、副腎皮質ホルモン剤等の内科的治療を行ないます。また、症状によっては酸素室での酸素吸入を必要とすることも多いです。

予防

猫を喘息の原因となるアレルゲンにさらさないことが予防となってきます。命にも関わる病気のため、症状がみられたら早期発見・早期治療を心がけましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-03-24 14:23:55
>りょうクン様
切除した臓器の病理検査を実施している場合は、検査結果によってその後の対応方法を検討いたします。また、入院手術等の環境変化や状態の悪化によりご飯を食べない場合、退院後に自宅でご飯の強制給餌や点滴などで対応することもありますので、かかりつけの先生にもあらためてご相談いただければと思います。
りょうクン
2021-03-21 21:03:59
先日10歳の雄猫が肺がんの疑いあって入院手術しましたが入院中ご飯をまったく食べないとの事で退院させられました。自宅に戻っても食べず10日経ちました。毎日通院で3日目になりますが食べず何も変わりません。先生は注射を打って栄養摂ってるので徐々に良くなるといいますが、まったく回復見られずフラフラして転びます。このまま明日からも通院させて大丈夫なのでしょうか?転院するにしてもどこが良いのか検討つきません。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。