免疫介在性溶血性貧血(IMHA) <猫>

概要

Overview

免疫介在性溶血性貧血は、自己免疫性溶血性貧血と呼ばれることもあり、何かしらのきっかけによって猫の体で免疫機能の異常がおこり、自身の赤血球を破壊してしまい貧血の症状を示す病気です。

 

猫の免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の診療フローチャート

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。


お近くの動物病院をお探しの方はこちら アニコム損保動物病院検索サイト

原因

発生の原因ははっきりわかっていませんが、感染や遺伝的な素因も原因の一つではないかといわれています。猫自身の免疫機能が何らかのきっかけで自分自身の赤血球に抗体を作ってしまい、その抗体によって、血管、脾臓、肝臓、骨髄などにある自分自身の赤血球を破壊してしまうことが原因となります。

症状

食欲不振や元気喪失、また、疲れやすくなり動くと息切れをするなどの一般的な貧血の症状がみられます。その他に赤血球の色素が尿に溶け、赤い尿としてみられる血色素尿や黄疸などの症状が起こります。

治療

赤血球を破壊する免疫機能を抑える治療を行います。一般的には免疫抑制効果がある副腎皮質ホルモンを投与しますが、症状によってはその他の免疫抑制剤なども投与します。治療は数ヶ月かかることが多く、いったん完治した場合でも再発することがあるので注意が必要です。また、近年、再生医療、細胞治療の研究がさかんになされており、病院によっては有効な治療方法の一つとして実用化されています。

予防

発症の原因がはっきりしていないので、予防することは難しい病気です。
治療が遅れると重症になることもあるため、早期発見、早期治療が重要です。
上記のような症状がみられたら、早めにかかりつけの先生に相談してください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
こはる
2024-02-22 20:39:07
本日、間もなく9歳になる愛猫が免疫介在性溶血性貧血であると診断されました。
前々より先天性の免疫異常があると診断されており、肝臓の数値が悪くよく吐いてしまう猫です。投薬をすることで肝臓の数値はだいぶと良くなっておりました。

ですが、1週間ほど前から食べたごはんを全て吐いてしまうようになり、昨日からごはんをほとんど食べず、元気がなくなったため病院に連れていきました。
現在も元気はありません
こはる
2024-02-23 14:50:29
追記
食欲増進剤を与えたためか、本日朝からご飯を食べるようになりました。
以前に比べればまだまだ食欲は薄めですが……
こはる
2024-02-29 19:00:20
お薬を変えたらまた吐いてしまい、貧血に加え脱水まで。熱も前回は微熱だと言われたのが高熱に。
もう2日もちゃんとごはんを食べられていません。点滴でなんとかもっていますが、とても心配です。
こはる
2024-03-08 12:21:23
ご飯を全く食べなくなり、熱が上がったり低体温になったり。
お水も飲まなくなり、強制給餌をしましたが上手く食べさせてやれず本日亡くなりました。
あずきん
2024-02-03 23:16:29
2024.2.3 メス ギシシロ 8才
病院でIMHA診断 余命1か月と宣告
普段と違う様子に感じる。性格もきつめでよく食べ排便も毎日一緒にいる猫のごはんもたべちゃうぐらい肥満気味で二ヶ月まえから食事制限、ダイエットに励む
数日まえ日向ぼっこさせるが歩行がフラフラスピードもおそくのろのろ。食欲がおち排便も少ない。元気がなく人と離れてすごすなど様子がみられた。ステロイド処方で様子みていく。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。