甲状腺腫瘍(こうじょうせんしゅよう) <犬>

概要

Overview

甲状腺は気管の両側にある組織で、甲状腺ホルモンを生成・分泌しています。甲状腺にできる 腫瘍には良性(甲状腺腫)と悪性(甲状腺癌)がありますが、残念ながらワンちゃんの場合、90%が悪性の腺癌だといわれています。ビーグル、ゴールデン・レトリバー、ボクサーに多く発生する傾向があり、年齢は5?15歳に多く(平均10歳)、性差はないといわれています。

原因

他の腫瘍と同様、甲状腺腫瘍の原因も明らかではありません。

症状

ワンちゃんの喉の周辺に触れた際、硬いしこりとして気づくことが多いようです。腫瘍の場所によっては気管や咽頭を圧迫して、咳や呼吸困難、嚥下(えんげ)困難がみられます。頸部のリンパが同時に腫れることもあります。ワンちゃんの場合、10%程度の割合で甲状腺機能亢進症の症状(多食、体重減少、活動亢進、多飲多尿)がみられます。

治療

圧迫による苦痛を減らすためにも、腫瘍化した甲状腺の外科的な切除が選択されます。ただし、甲状腺の周囲には血管、神経、気管、食道など重要な臓器が密接していますので、病巣の状況によっては腫瘍がすべて取りきれないこともあります。悪性の場合には化学療法(抗ガン剤投与)を併用します。

予防

甲状腺腫瘍はワンちゃんの腫瘍全体の2%?3%に発生するといわれています。発生自体は少ないのですが悪性である頻度が高く、また、「異変に気づいて病院に初めて連れて行った時に、すでに他の部分に転移をしている確率(初診時遠隔転移率)」が35%以上ですので、早期に発見し、早期に診療を受けることがたいへん重要です。腫瘍が大きくなってしまうと、食道や気管に浸潤し、手術による切除も難しくなります。日常のケアの際、喉の周辺も触る習慣をつけ、しこりなどがないか気をつけてあげましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師 豊田
2020-05-11 15:56:35
>クッキーさま
わんちゃんがレバーを食べても問題ありません。
ただ、食べすぎは良くないので体重1㎏あたりレバー4gを目安に
週に1~2日程度の頻度で与えることをお勧めします。
また食中毒のリスクがあるので生レバーは控えてください。

レバーだけでなく、癌の治療の際は栄養価の高いご飯が必要な場合もあるので
担当の先生と相談しながら、わんちゃんの状態に合ったフードを選んであげてください。
クッキー
2020-05-10 21:21:43
愛犬13歳が甲状腺癌と診断されました。
貧血気味なのでレバーをあげようと思っているのですが、あげても影響ないでしょうか?
アニコム獣医師・兵藤
2020-01-29 18:47:22
>きのこさま
数値が高いとのこと、ご心配ですよね…。甲状腺腫瘍に限らずですが、腫瘍の場合の一般論として、早期発見できて転移していなければ予後も良好であることもあります。まずは検査をしていただいて、腫瘍があった場合は良性か悪性かを調べていただき、治療の方針をかかりつけの先生とよく相談いただくのがいいかと思います。どうぞお大事になさってください。
きのこ
2020-01-27 15:24:27
昨年末に健康診断を受け、甲状腺の数値が少し高いと診断されました。年明け再検査をしたのですが、やはりまた高く。
数値は30.2です。
次はレントゲンやエコーを受けようと思うのですが、とても心配です。
チワワの7歳、女の子です。
早期発見でがんが見つかれば、大丈夫でしょうか。
アニコム獣医師 山下
2020-01-06 10:49:59
チャコさん、こんにちは!
悪性の腫瘍の場合、大きくなる速度が速いため、ときどき触っていただいて、大きさの確認をしていただき、大きくなっているようでしたら、念のため病院さんへ行っていただき再度検査等をご検討されることも一つかと思います。病院さんで良性とのことですので、ひとまずご安心いただいて、定期的に大きさをみていきましょう!

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。