コメント読み込み

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2022-02-28 11:48:56
>mokonamama00513
股関節形成不全の手術以外の治療としては、適度な運動、体重管理、リハビリ、痛み止め等の内科的治療を行うことがございます。股関節の状態によって治療方法は異なり、どのような治療を選択するかでワンちゃんの負担も異なります。また、複数の手術を行う場合は体への負担を考慮し、間隔を開けることが一般的ですが、この点も合わせてかかりつけの先生に再度ご確認頂くことをお勧めします。
mokonamama00513
2022-02-22 12:56:52
ラブラドールレトリバーで生後6ヶ月で股関節形成不全と診断され、外科的手術(TPO)を勧められました。手術の選択に迷っています。成長すれば少しでも改善するのでは?手術以外の手段は無いのか?去勢手術もこれからなのに、体に何度もメスを入れるのは大丈夫なのか?負担はどれ程か?
アニコム獣医師
2021-08-11 16:23:40
>あんこのあん様
ご自宅での管理としては適切な運動量と体重の調整がやはり重要です。ほかには、抗酸化成分や軟骨成分を含むサプリメントの摂取などがおすすめされることもございます。また、将来的な変形性関節症の発症リスクを予測するための詳しい検査は、一般に4ヶ月齢以降のわんちゃんで適応可能と言われておりますので、精査を行うタイミングに関しては、かかりつけの先生ともご相談なさることをおすすめいたします。
あんこのあん
2021-08-05 17:13:25
かかりつけ医に 股関節形成不全と診断されました。まだ一歳半なので様子を見ています。モンローウォークですが 散歩は大好きで1日2回 小一時間ずつしています。体重を増やさない 筋肉をつける事以外に出来る事は有りますか?水泳もなるべくしています。大きな病院で詳しく検査するとすればどのタイミングが良いですか? 肥満では無いと思いますが大柄で42㎏あります。
アニコム獣医師 上杉
2020-09-23 17:58:47
>ふく様
ワンちゃんの年齢や体格によって、関節や骨に関する病気の種類は変わってきます。1歳未満でしたら先天的な病気の可能性もありますし、それ以降でしたら、無理な動きにより炎症を起こすこともあります。シニア期でしたら関節炎など、高齢になると多い病気の場合もありますので、一度かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めいたします。

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。