コメント読み込み

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2022-04-20 10:21:24
>フクちゃん様
猫ちゃんのヒゼンダニの駆除薬として、一般的にイベルメクチンやセラメクチンなどの薬剤が選択されます。しかし、国内では現時点で動物用の疥癬治療薬として承認された薬剤はなく、獣医師の判断のもとで効能外での使用を行っております。そのため、かかりつけの先生に直接ご相談なさることをお勧めいたします。
また、恐れ入りますが、こちらでは特定の製品のご紹介は出来かねますこと、ご了承ください。
フクちゃん
2022-04-15 08:52:03
飼い猫のノミ・ダニ寄生の予防として、フィプロスポット・プラス(猫用)をおよそ1ヶ月毎に使っています。
この薬は、ヒゼンダニの予防・駆除には効果がないのでしょうか?
ヒゼンダニも含めたノミ・ダニの予防・駆除薬は何がオススメでしょうか。
アニコム獣医師
2021-08-12 14:25:19
>チョロ様
皮膚が赤くなる原因は、外的刺激、細菌や真菌の感染、外部寄生虫、アレルギーなど、様々挙げられます。恐れ入りますが、お写真のみからですと原因はわかりかねますため、一度通院いただくことをお勧めいたします。
チョロ
2021-08-07 00:13:23
これはどのような症状なのでしょうか
アニコム獣医師
2021-06-09 11:41:04
>ミミ様
ネコちゃんがヒゼンダニ感染と診断された場合、レボリューションプラスなどの駆虫薬滴下を行うことが多いです。1回の投与で完治することがほとんどですが、場合によっては数回の投与や他の駆虫薬や駆虫方法が必要になることもあります。完治までの期間はヒゼンダニの感染状況と、ネコちゃんの基礎疾患や年齢によっても異なりますので、一度かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めします。

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。