どうぶつさんと飼い主さんのマッチングサイト ハローべいびぃ

遺伝子検査マークについて

ジネッテチェック

このマークは遺伝子検査を実施した
ワンちゃん、ネコちゃんに表示しています。

遺伝子検査とは
生命の設計図である遺伝子に異常が生じることで起こる病気を遺伝性疾患といいます。
遺伝子検査とは遺伝子を読み解くことで、病気の原因となる異常な遺伝子を両親から受け継いでいないかを判断する検査です。
本サイトでは、その品種ごとに発症率が高い以下の遺伝性疾患についての検査結果を表示しています。
遺伝子検査結果について
親から子に異常な遺伝子が受け継がれる(遺伝する)場合と、両親から正常な遺伝子を受け継いだ後に遺伝子異常が生じる場合とがあります。遺伝子は両親から1つずつ受け継ぐため、片方の遺伝子に異常が生じたとしても、必ず発症するとは限りません。

遺伝子検査を受けた生体は、クリア、キャリア、アフェクテッドに分類されます。
クリア:検査対象遺伝子に変異がない場合
→遺伝性疾患の原因となる遺伝子は引き継がれていません。
キャリア:検査対象遺伝子の一方に変異がある場合
→片方の親から遺伝性疾患の原因となる遺伝子を引き継いでいますが、もう一方は正常な遺伝子のため発症リスクは高くありません。
(優性遺伝をする病気の場合は、キャリアであっても発症リスクが高くなります。)
アフェクテッド:検査対象遺伝子の両方に変異がある場合
→両親から遺伝性疾患の原因となる遺伝子を引き継いでいます。正常な遺伝子を持たないため、発症リスクが高くなります。
遺伝子検査種類
  • 変性性脊髄症(DM)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    脊髄に異常があらわれることで、後足をすって歩く、腰がふらつく等の麻痺症状が見られます。痛みはありません。病気が進行すると、後足だけでなく前足にも麻痺症状があらわれ、次第にトイレ・呼吸・食事が難しくなり、最終的には死に至ります。多くは10~12歳頃に症状があらわれ、3年くらいかけてゆっくり進行します。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    目の網膜が萎縮し、最終的には失明してしまう病気です。個体差がありますが、早い子で生後数ヶ月から視力が低下し始め、病状の進行はゆるやかなことが多いです。

  • GM1ガングリオシドーシス

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    通常では代謝されるGM1ガングリオシドという物質が脳などに蓄積し、麻痺、異常行動、起立不能、視覚障害等が起こります。早ければ生後数ヶ月で症状が出始め、多くの場合、1歳前後で寝たきりになり、若い年齢で死に至ります。

  • 高尿酸尿症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    食物に含まれるタンパク質を摂取後、体外に排出する際にうまく代謝ができず、尿路結石や痛風になったりする危険性が増大する病気です。

  • 骨形成不全症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    全身の骨密度が低下し、非常に骨折しやすい状況になる病気です。骨折すると癒合(ゆごう)も悪く、骨が曲がってしまうこともあります。

  • コバラミン吸着障害(Cubilin 欠乏症)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    腸上皮での栄養素吸収がうまくできず、酵素を補うコバラミン(ビタミンB12)が欠乏することで、成長不良、貧血などを起こす病気です。

  • プレカリクレイン欠乏症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    血液凝固系を構成する一因子であるプレカリクレインが欠乏することにより、内出血の他、下痢や体重減少など出血性疾患の典型的な症状が出ます。

  • 第Ⅶ因子欠乏症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    肝臓で作られるタンパク質の一種「第Ⅶ因子」が欠乏することにより、血液凝固が正常に行われなくなる病気です。ケガをした傷口や手術後の出血が長引いたりします。

  • 肥大型心筋症(HCM)

    クリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。
    キャリア・アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア・アフェクテッド個体共に、交配自体を避けることが必要です)

    心臓の筋肉が内側に向かって厚く、硬くなる病気で、心不全や血栓による後足の麻痺等により、突然死の原因となる事があります。病状が進行すると、頻脈、元気・食欲低下、呼吸困難などを認めることもあります。症状が出始める年齢は、3ヶ月齢~18歳と幅広いため、頻脈などの症状があらわれた場合はこの病気を疑う必要があります。

  • 多発性嚢胞腎

    クリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。
    キャリア・アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア・アフェクテッド個体共に、交配自体を避けることが必要です)

    早ければ生後1~2ヶ月齢から腎臓にいくつもの嚢胞(のうほう:液体がたまる袋)を作りはじめ、嚢胞の数と大きさが増すと正常な腎臓の機能が失われる病気です。重症例では5~7歳頃には慢性腎不全により死に至ります。

  • ピルビン酸キナーゼ欠損症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    ピルビン酸キナーゼという酵素が無い事により、赤血球が破壊され、貧血を起こす病気です。生後2~3ヶ月齢から定期的に貧血を起こすため、成猫になるまで異常に気づかないことが多い病気です。元気消失・食欲低下を認める場合があり、死に至ることもある病気です。

  • ムコ多糖症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    ムコ多糖とは、体のあらゆるところで水を蓄えておく機能を持つたんぱく質です。ムコ多糖症は、ムコ多糖を分解する機能が失われることで、体に蓄積し様々な異常をあらわします。骨や関節に蓄積しやすく、骨の変形や関節の脱臼などの症状が見られます。進行すると、脊髄を圧迫して麻痺症状が出ることもあります。

  • 神経セロイドリポフスチン症(CL)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    細胞内の老廃物を除去する酵素の異常。バランス感覚がなくなる、足を引きずるなどの運動障害にはじまり、進行すると痙攣などの神経症状がみられます。発症後は脳細胞のダメージが進行し、2 ~ 3 歳頃に亡くなります。

  • フォンウィルブランド病タイプ I (vWD1)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    血が止まりにくくなる病気。ケガをした時に大量出血をしたり、鼻や歯肉からの出血、血尿、消化管からの出血などの症状を起こすことがあります。抜歯時や出産時、手術中に異常出血を起こし、亡くなることがあります。

  • グリコーゲン蓄積症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    グリコーゲンの異常蓄積がおこる代謝障害。低血糖により、けいれんや起立不能などの神経症状がみられます。生後数ヶ月齢で発症し、多くが1 歳までに亡くなります。

  • 捕捉好中球減少症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    骨髄で作られた好中球が正常に循環血中へ行かないため、感染症にかかりやすくなります。多くは若齢で亡くなります。

  • 白血球粘着不全症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    白血球の働きを助ける物質、オプソニンが欠損するために、免疫機構に異常が起こります。徐々に進行する傾向があり、歯肉炎、関節の炎症による全身性の痛み、難治性の湿疹などが見られます。多くは若齢で亡くなります。

  • 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    甲状腺ホルモンの産生に必要なタンパク質が先天的に欠損する遺伝性疾患。生後から発育不良と精神発達遅延が起こります。
    適切な治療を受けない限り3週齢以内に死に至ることがあります。

  • 先天性夜盲症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    軽度の場合は暗いところで物が見えずらい程度の症状ですが、重度になると日中の視力低下が起こり、失明することもあります。

閉じる

  • 変性性脊髄症(DM)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    脊髄に異常があらわれることで、後足をすって歩く、腰がふらつく等の麻痺症状が見られます。痛みはありません。病気が進行すると、後足だけでなく前足にも麻痺症状があらわれ、次第にトイレ・呼吸・食事が難しくなり、最終的には死に至ります。多くは10~12歳頃に症状があらわれ、3年くらいかけてゆっくり進行します。

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    目の網膜が萎縮し、最終的には失明してしまう病気です。個体差がありますが、早い子で生後数ヶ月から視力が低下し始め、病状の進行はゆるやかなことが多いです。

  • GM1ガングリオシドーシス

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    通常では代謝されるGM1ガングリオシドという物質が脳などに蓄積し、麻痺、異常行動、起立不能、視覚障害等が起こります。早ければ生後数ヶ月で症状が出始め、多くの場合、1歳前後で寝たきりになり、若い年齢で死に至ります。

  • 高尿酸尿症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    食物に含まれるタンパク質を摂取後、体外に排出する際にうまく代謝ができず、尿路結石や痛風になったりする危険性が増大する病気です。

  • 骨形成不全症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    全身の骨密度が低下し、非常に骨折しやすい状況になる病気です。骨折すると癒合(ゆごう)も悪く、骨が曲がってしまうこともあります。

  • コバラミン吸着障害(Cubilin 欠乏症)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    腸上皮での栄養素吸収がうまくできず、酵素を補うコバラミン(ビタミンB12)が欠乏することで、成長不良、貧血などを起こす病気です。

  • プレカリクレイン欠乏症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    血液凝固系を構成する一因子であるプレカリクレインが欠乏することにより、内出血の他、下痢や体重減少など出血性疾患の典型的な症状が出ます。

  • 第Ⅶ因子欠乏症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    肝臓で作られるタンパク質の一種「第Ⅶ因子」が欠乏することにより、血液凝固が正常に行われなくなる病気です。ケガをした傷口や手術後の出血が長引いたりします。

  • 肥大型心筋症(HCM)

    クリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。
    キャリア・アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア・アフェクテッド個体共に、交配自体を避けることが必要です)

    心臓の筋肉が内側に向かって厚く、硬くなる病気で、心不全や血栓による後足の麻痺等により、突然死の原因となる事があります。病状が進行すると、頻脈、元気・食欲低下、呼吸困難などを認めることもあります。症状が出始める年齢は、3ヶ月齢~18歳と幅広いため、頻脈などの症状があらわれた場合はこの病気を疑う必要があります。

  • 多発性嚢胞腎

    クリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。
    キャリア・アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア・アフェクテッド個体共に、交配自体を避けることが必要です)

    早ければ生後1~2ヶ月齢から腎臓にいくつもの嚢胞(のうほう:液体がたまる袋)を作りはじめ、嚢胞の数と大きさが増すと正常な腎臓の機能が失われる病気です。重症例では5~7歳頃には慢性腎不全により死に至ります。

  • ピルビン酸キナーゼ欠損症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    ピルビン酸キナーゼという酵素が無い事により、赤血球が破壊され、貧血を起こす病気です。生後2~3ヶ月齢から定期的に貧血を起こすため、成猫になるまで異常に気づかないことが多い病気です。元気消失・食欲低下を認める場合があり、死に至ることもある病気です。

  • ムコ多糖症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    ムコ多糖とは、体のあらゆるところで水を蓄えておく機能を持つたんぱく質です。ムコ多糖症は、ムコ多糖を分解する機能が失われることで、体に蓄積し様々な異常をあらわします。骨や関節に蓄積しやすく、骨の変形や関節の脱臼などの症状が見られます。進行すると、脊髄を圧迫して麻痺症状が出ることもあります。

  • 神経セロイドリポフスチン症(CL)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    細胞内の老廃物を除去する酵素の異常。バランス感覚がなくなる、足を引きずるなどの運動障害にはじまり、進行すると痙攣などの神経症状がみられます。発症後は脳細胞のダメージが進行し、2 ~ 3 歳頃に亡くなります。

  • フォンウィルブランド病タイプ I (vWD1)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    血が止まりにくくなる病気。ケガをした時に大量出血をしたり、鼻や歯肉からの出血、血尿、消化管からの出血などの症状を起こすことがあります。抜歯時や出産時、手術中に異常出血を起こし、亡くなることがあります。

  • グリコーゲン蓄積症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    グリコーゲンの異常蓄積がおこる代謝障害。低血糖により、けいれんや起立不能などの神経症状がみられます。生後数ヶ月齢で発症し、多くが1 歳までに亡くなります。

  • 捕捉好中球減少症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    骨髄で作られた好中球が正常に循環血中へ行かないため、感染症にかかりやすくなります。多くは若齢で亡くなります。

  • 白血球粘着不全症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    白血球の働きを助ける物質、オプソニンが欠損するために、免疫機構に異常が起こります。徐々に進行する傾向があり、歯肉炎、関節の炎症による全身性の痛み、難治性の湿疹などが見られます。多くは若齢で亡くなります。

  • 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    甲状腺ホルモンの産生に必要なタンパク質が先天的に欠損する遺伝性疾患。生後から発育不良と精神発達遅延が起こります。
    適切な治療を受けない限り3週齢以内に死に至ることがあります。

  • 先天性夜盲症

    クリア・キャリア:当該遺伝子による発症リスクはありません。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、キャリア個体場合は、クリア個体との交配が必要です)
    アフェクテッド:当該遺伝子による発症リスクがあります。(交配に際しては、仔の遺伝病発症リスクを避ける為に、クリア個体との交配が必要です)

    軽度の場合は暗いところで物が見えずらい程度の症状ですが、重度になると日中の視力低下が起こり、失明することもあります。

閉じる

ペットショップへのお問い合わせ

閉じる

ペットショップへのお問い合わせ

閉じる

ペットショップへのお問い合わせ

閉じる

  1. トップ
  2. 検索結果一覧(トイ・プードルの一覧)
  3. トイ・プードル(20201204PT96)の詳細情報

この子の詳細情報

animal_image
animal_image
animal_image
675人がチェック
トイ・プードル
0人が会いたい !

掲載日:2021/1/27

管理番号 20201204PT96
品種 トイ・プードル
誕生日 2020年12月4日
毛色 レッド
性別 男の子
コメント
ビバペッツディアフレンズ本庄店は、生体価格に
1先天性疾患保証2ヶ月分
2生命保証1年分
3接種済みワクチン代
4アニコム損保医療保証1ヶ月
5初回健康診断
6初回トリミング(シャンプーコース)
が含まれた価格になっております。
その他詳しい情報やご不明点は直接店舗までお問い合わせください。
この子の情報をシェアする

ペットショップ詳細

販売店 ペットショップ AZ 長坂店
住所 山梨県北杜市長坂町大八田169 綿半Jマート長坂店店内地図を見る
電話番号 0551-32-1277
その他HP https://instagram.com/petshop.dearfriends?igshid=1nbq1wrbft78v
氏名または名称 株式会社ホリコシ
動物取扱業の種別/登録番号 販売1第2071901号
登録年月日 2007年10月26日
登録の有効期間の末日 2022年10月25日
動物取扱責任者の氏名 矢沢 佳歩
定休日

一覧へ戻る