バベシア症 <犬>

概要

Overview

バベシア症は、バベシアと呼ばれる顕微鏡でしか見えない小さな原虫という寄生虫が、ワンちゃんの血液中の赤血球に寄生することによって貧血をひき起こす病気です。

原因

バベシア症は、マダニを介して感染することが知られています。バベシアに感染しているマダニにワンちゃんが吸血され、体内に入ったバベシアは血液中の赤血球に寄生して、赤血球を破壊しながら増殖します。

症状

ワンちゃんの赤血球を破壊するため、貧血症状や血色素尿(赤血球の中の赤い色素による赤い尿)がみられます。またその他に元気消失、発熱、黄疸、脾腫などの症状もみられ、命にかかわる場合もあります。

治療

治療は、一般的にバベシア原虫を抑える効力のある抗生剤の投与となります。しかしながら、バベシアを完全に駆除することは難しく、症状が改善してもほとんどのワンちゃんの場合バベシアが体の中に潜んでいる無症状のキャリアになるので、体力や免疫力が低下したときなどに再発することがあります。

予防

バベシアに対する予防薬は開発されていません。バベシア原虫の感染原因となるマダニとの接触を回避することが予防となります。
マダニの駆除剤を定期的に投与したり、マダニが生息する地域の山野や草むらなどにワンちゃんを連れていかないことが重要です。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。