水頭症 <犬>

概要

Overview

脳の周りには、脳脊髄液と呼ばれる体液が貯留し、クッションのような役割をして脳を守っています。水頭症とは、この髄液が頭蓋内に過剰にたまり、脳が圧迫を受けて様々な症状が出る病気です。

原因

脳脊髄液は、脳の中の脳室と呼ばれる部分で産生され、脳の表面(くも膜下腔)を循環して脳の静脈に吸収されて一定の貯留量を保っています。水頭症は、この脳脊髄液の流れが悪くなり、病的に脳脊髄液がたまることで起こります。水頭症の原因には先天性のものと後天性のものがあり、後天性のものは、脳の損傷や脳内出血、脳炎、脳腫瘍などが原因で発症します。
また、水頭症は内水頭症と外水頭症とに分類され、ワンちゃんでは、脳脊髄液が脳室に必要以上にたまることで脳が圧迫され、(脳圧が上昇することで)さまざまな症状を引き起こす内水頭症が多くみられます。外水頭症は脳の外側のクモ膜下腔に液体が貯留する状態をいいますが、ワンちゃんでの発症はまれです。

症状

脳の障害を受けた部位や程度、期間により、さまざまな症状がみられます。元気がなくなって疲れやすくなる、痙攣(けいれん)発作・嗜眠(しみん:睡眠を続け、強い刺激を与えなければ目覚めて反応しない状態)・行動異常などの意識障害や、不全麻痺、斜視(両目の視線が正しく見る目標に向かわないこと)、眼球振とう(意思とは関係なく眼球が動くこと)などの神経障害、筋硬直などの運動障害、視力障害等が起こります。

治療

ワンちゃんの症状や状態、飼い主の希望などによっても治療法は異なりますが、一般的には、内科的治療と外科的治療があります。

●内科的治療
脳圧を下げるために利尿薬の投与やステロイド薬の投与などを行ないます。また、痙攣発作が起こっている場合には、発作を抑える薬を投与します。内科的治療で症状が緩和されるケースもありますが、症状が重度な場合や内科的治療を行って症状の改善がみられない場合などは、外科治療を行うことがあります。

●外科的治療
直接針を頭に刺して脳脊髄液を抜く処置や、脳室からお腹に余分な脳脊髄液を排出するために弁の付いた管を設置する手術を行うこともあります。ワンちゃんの症状や状態などによって、手術適用時期や手術方法が異なります。また、外科的治療を行う場合は、麻酔のリスクや手術後の安静期間、ケア方法、費用等につきましても、かかりつけの動物病院によくご相談ください。

予防

早期発見、早期治療が大切です。ご自宅では、ワンちゃんの普段の動作や行動などのチェックを行ないましょう。また、上記に記載の症状が見られる場合は早めに動物病院にご通院ください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師・小川
2020-01-10 18:24:15
>まるさま
心配ですね…。脚をひきずる原因は、骨や筋肉、関節、神経の問題など様々です。また、足の裏にトゲが刺さったりして起こすことや皮膚炎もあります。ここではわかりませんが、かかりつけの先生の指示に従って、治療を頑張ってください!
まる
2020-01-10 09:04:29
散歩中突然右手が動かせなくなり立ち止まりました。病院では脱臼ぽい感じではないかと言われました。痛がる様子はありません。びっこ引いて何とか歩けます。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。