気管虚脱 <犬>

概要

Overview

気管が本来の強度を失って押しつぶされたような形に変形し、呼吸に障害を起こす病気です。小型犬に多い疾患で、中高齢のに多くみられますが、若齢のでもみられます。

気管虚脱の診療フローチャート

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

 

 

原因

はっきりとした原因は明らかになっていませんが、遺伝や肥満・老化などが関係していると考えられています。また、暑い時期の高温環境や興奮、ストレスなど、過呼吸を引き起こす状況も発症の要因となるといわれております。

症状

激しい運動や興奮、首輪による圧迫があった後などに咳や「ガーガー」というアヒルの鳴き声のような喉鳴りが聞こえます。重度の場合は、呼吸困難やチアノーゼ(舌の色が紫色になる)、失神などの症状を起こすことがあります。

治療

症状が軽い場合は気管拡張薬や鎮咳薬の投与などの内科治療を行います。その他、様々な症状に応じて抗生物質や抗炎症剤などの投与を行います。チアノーゼや重度の呼吸困難などの症状がある場合には酸素吸入などを行ないます。しかし、薬の投与だけではつぶれた気管自体を元にもどすことはできないため、症状が重度の場合には、外科治療としてつぶれた気管のまわりに補強材を巻く手術や、気管内にステントという器具を設置して気管を押し広げる手術などを行うこともあります。の症状によって、手術適期や手術方法は異なります。また、麻酔のリスク、手術後の安静期間、ケア方法、費用につきましても、かかりつけの動物病院とよくご相談ください。

予防

症状の悪化を防ぐために、気管への負担を取り除く必要があります。
・ 気管の周囲の脂肪で気管が圧迫されないよう、肥満を防ぐ
・体温調節のためのパンティング(体温調節をするために口を開けて行う呼吸)を防ぐために、高温環境を回避する(夏場は風通しを良くし、エアコンや扇風機などで室温の管理を行う必要があります)
・過激な運動や興奮の回避
・気管を刺激することを防ぐために、首輪の使用をさけて、胴輪(ハーネス)を使用する

ご自宅では、の咳・舌の色などのチェックをこまめに行ないましょう。また、咳や「ガーガー」というような喉鳴りなどの症状がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-06-16 09:28:46
>らん様
気管虚脱や心臓疾患で咳が出ていて、外科的処置が難しい場合は鎮咳薬、気管支拡張薬、ステロイド等の抗炎症薬での治療や、酸素ハウスの使用を検討することがあります。又、首輪のサイズを見直したり、適切な体重管理等で咳の頻度が落ち着くケースもございますので、ワンちゃんに合った治療について、かかりつけの先生にご相談されることをおすすめします。
アニコム獣医師
2021-06-15 09:12:32
>ヒロケン様
一般に、気管虚脱と診断された場合、その虚脱の程度や咳などの症状の頻度などによって、どのような治療が必要か検討します。軽度であれば、太りすぎない・首に負担をかけない、などの生活習慣の改善のみで経過を観察する場合もございます。現在の経過や治療の選択などに関して、再度、ご診断なさった先生とご相談なさることをお勧めいたします。
らん
2021-06-13 03:45:10
13歳のポメラニアンで病院で気管虚脱と診断されました。
お薬は処方されていないのですが僧帽弁閉鎖不全症も患っており毎日お薬を服用しているのですが長くて2~30分、1日数時間咳が出ています。
手術するにも年齢と心臓病があり麻酔に耐えられるか分からず、咳も気管からか心臓からか通院している病院でも判断が難しいそうで・・・
苦しそうなので何とかしてあげたいのですがやはり様子見するしかないでしょうか?
ヒロケン
2021-06-10 19:27:24
ミニチュアダックスメス2歳
水を飲むとむせて咳をします
病院で、気管虚脱の可能性があると
早めに治療したほうがいいのでしょうか?
アニコム獣医師
2021-02-05 12:09:19
>くりまろん様
気管虚脱は気管が狭窄して潰れた形になり、呼吸が苦しくなる病気で、高齢のワンちゃんに多い疾患です。ただ、首輪を強く引っ張るなどの刺激で咳が出たり、散歩時など力が首輪部分に継続的にかかると、気管が圧迫され続け、通常とは異なる形になることもあります。一度ワンちゃんが落ち着いている正常時に通院し、かかりつけの先生に原因を見ていただくと良いと思います。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。