涙管閉塞(流涙症、鼻涙管閉塞) <犬>

概要

Overview

涙は結膜や角膜をうるおし、目頭にある穴(涙点)から吸収され、鼻涙管を通って鼻の先の穴から出てきます。(泣いたときに、鼻水が出るのはこのためです。鼻水ではなく、涙が鼻から流れている状態)

鼻涙管閉塞とは、この鼻涙管が塞がってしまっている状態をいいます。涙管が閉塞していると、涙を排泄できずに目から溢れ出てしまう流涙症となります。涙は、唾液と同じく、常時出ているものであるため、あふれ続けた涙が、涙やけを起こし、目の周りの皮膚を変色させることもあります。マルチーズやプードルなどに多くみられる病気です。

流涙症の診療フローチャート

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト
 

原因

鼻涙管の閉塞は、先天的に鼻涙管の入り口となる涙点が欠損していたり、後天的に炎症、異物、外傷などが原因で起きます。ある種(マルチーズ、プードルなど)の犬種に多く発生するので、先天的なものは遺伝的な素因が要因としてあるといわれています。

症状

痛み等の病的な症状を起こすことはありません。しかし、いつも涙があふれ出てしまうため、目の内側の下のほうが涙やけを起こすという症状が見られます。涙やけのために、目の下に細菌感染を起こし、皮膚炎を起こすこともあります。

治療

涙管の閉塞の原因となる基礎疾患がある場合はその病気についての治療を行います。他の病気がなく、閉鎖している涙管を疎通させるためには、細い管を通して涙管を洗浄する治療を行うことがあります。
洗浄を行っても疎通しない場合もあり、全身麻酔をかけて行う処置になるので、かかりつけの先生とよく相談する必要があります。

予防

先天的な涙管閉塞の発生を予防することは難しく、また、他の病気に続発しておこっている場合は、早期発見、早期治療が重要になるので、流涙やその他にも目に何か症状などがみられたら、すぐに病院を受診しましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。