疥癬<猫>

概要

Overview

皮膚疥癬症は、ヒゼンダニというダニによって起こる皮膚病です。このヒゼンダニは皮膚にトンネルを作って寄生するため、激しい痒みや皮膚炎を起こします。伝染性がとても強く、すでに感染したどうぶつとの接触やブラシやタオルの共有により感染します。感染した猫を抱っこすることなどで、人にも一時的ではありますが感染する人獣共通伝染病であり、感染すると腕などに発疹ができて強い痒みの症状がみられる場合があります。特に抵抗力の弱いヒトが感染すると、症状が重くなるため注意が必要です。

 

疥癬

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

猫の疥癬は、主にヒゼンダニ類のネコショウセンコウヒゼンダニというダニが寄生することで起こります。まれではありますが、犬の疥癬の原因であるイヌセンコウヒゼンダニが感染する場合もあります。すでに感染しているどうぶつとの接触によって感染します。多頭飼育の場合にはブラシやタオルを共有することで、それを介して感染する場合もあります。

症状

猫の疥癬のほとんどが、耳への感染から始まり、顔、頭部へと広がります。若齢などの抵抗力が弱い猫の場合には全身に感染する場合もあります。皮膚炎をおこして硬くなり、ふけや発疹が見られ、激しいかゆみを伴います。爪で病変部を掻きむしるため出血したり化膿してしまうことがあります。

治療

ダニ駆除効果のある薬を投与します。駆除剤には注射や内用薬などの方法があります。ダニ駆除剤はダニの卵には効果がなく、ダニの卵の孵化とともに再度ダニが増えてしまうことがあります。したがって通常、1回目の投薬後に再度日にちをあけて2~3回の投薬を行います。多頭飼いの場合、他の子も感染している可能性が高いため一緒に治療を行います。

予防

ヒゼンダニに感染しているどうぶつとの接触を避けることが予防となります。また、日ごろから飼育環境を清潔に整えるように心がけましょう。多頭飼育の猫は、一頭が感染すると、すぐに他の猫に広がる可能性がありますので、特に注意が必要です。また野良猫との接触により感染する可能性がありますので、室内飼いを徹底し、網戸越しであっても、外の猫との接触がないように注意しましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ヴヴちゃん 女の子です 可愛そうで 
2024-04-21 22:35:20
女の子ですが かゆみに暴れるくらいで
爪を切っているのに かきむしりにて
絶えず 血が出ていて 冬場はまだましでしたが
夏場がまきます・・・  病院に行っても ステロイド かゆみ止め
いっこうに直らず 可愛そうで
感染症ではないらしく 男の子も居ていますがうつっていません。
顔面のひどいときは 半分毛が抜けて 血だらけです
首の下 後両手足の 肉球の上部分も 毛が抜け血が出ています
もふちゃん
2023-01-14 14:20:08
ジャンフォレストキャット 生後6ヶ月メス室内で飼っています。(飼い始めて約20日です)猫用綿棒で耳掃除をすると、左耳のみ添付写真のように耳垢で茶色く汚れます。(前日も掃除したにもかかわらず)右耳はほぼ耳垢の汚れはないです。臭いは無いです。何か耳の病気でしょうか?
アニコム獣医師
2023-01-18 10:39:40
>もふちゃん様
ねこちゃんのお耳の汚れが多い場合、細菌や真菌、耳ダニなどの感染や炎症を起こしている可能性もあります。原因によってはお薬などによる治療が必要な場合もありますので、続く場合やお耳に赤みや痒みなど他にも気になる様子がある場合には、受診されることをお勧めいたします。
むねゆき
2022-09-16 10:48:08
これってダニなんでしょうか? アレルギーなんでしょうか?
動物病院を受診した方がよいのでしょうか?
先週あたりから気が付けば最初は耳の後ろ側を後ろ足でかいていたのですが、さきほど首のあたりをかいているので触ったら画像の状態でした。
先々週からフードを変えました。
アニコム獣医師
2022-09-22 16:50:40
>むねゆき様
ネコちゃんで脱毛や皮膚の赤み、かゆみがみられた場合、ダニなどの外部寄生虫のほか、細菌や真菌などの感染症、外傷、アレルギー、その他の免疫に関連した疾患や腫瘍など、さまざまな原因を考えます。お写真からのみでは原因を特定することは難しく、原因によって適切な治療も異なりますので、動物病院を受診してどういった原因で起こっているものか診断していただくことをおすすめいたします。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。