クラミジア症 <猫>

概要

Overview

ネコクラミジアによる感染症で、ネコちゃんにヒトの風邪に似た症状をおこします。ネコちゃん以外にもヒトやその他の哺乳類、鳥類にも感染することがあるので注意が必要です。

原因

ネコクラミジア(Chlamydophila felis:クラミドフィラ フェリス)という細菌が感染する事によって起こります。感染したネコちゃんのの口、鼻、眼からの分泌物、糞便などに菌が存在し、それを摂取することによって感染します。

症状

結膜炎を起こし、眼周囲の腫れや目やにの症状が起こり、多くの場合片目から両目に波及します。また、鼻汁、くしゃみがみられ、咳をすることもあります。症状が数週間にわたって長期化する場合が多くみられます。

治療

クラミジアに有効な抗生剤の投与を約2週間以上行います。また、症状に応じて点眼薬や点鼻薬、点滴などの対処療法を行います。

予防

ワクチン接種で予防できる病気です。ワクチン接種を受ける際には、接種時期や種類などについてかかりつけの動物病院にご相談ください。クラミジア症に感染しているネコちゃんがいる場合は、感染の蔓延を防ぐために感染しているネコちゃんを隔離し、環境(ケージや食器など)の消毒を行なうことが重要です。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。