粟粒性皮膚炎(ぞくりゅうせいひふえん) <猫>

概要

Overview

猫で多く見られる皮膚病のひとつで、粟粒くらいの丘疹がみられるために粟粒性皮膚炎といわれています。原因の一つとしてアレルギーがあると考えられ、病変部分からは白血球の一種である好酸球が多数見られるのが特徴です。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。


お近くの動物病院をお探しの方はこちら アニコム損保動物病院検索サイト

原因

この病気が発生するはっきりとした原因は分かっていませんが、アレルギーや感染症などとの関与があるといわれており、その中でもノミアレルギーを原因とする発症が多いようです。その他、細菌感染や食べ物、ストレスなども発症の要因となるといわれています。

症状

主に背中や頭部(耳介や鼻など)、頚部に粟粒状の小さな丘疹が多数みられます。痒みを伴うことが多く、また、飼い主さんは猫に触れた際のざらざらした感触で発見されることがあります。痒みが強い場合、猫が自ら舐めたり掻いたりすることで、脱毛や赤み、出血や皮膚のただれなどが同時にみられることがあります。

治療

原因がわかっている場合はそれを排除します。炎症や痒みを抑える目的で、副腎皮質ホルモン剤を投与したり、皮膚の状態によっては抗生剤などを投与します。

予防

ノミが原因となっていることが多いため、定期的なノミの予防をしっかり行いましょう。また、普段から猫とスキンシップを行うことで、早期発見、早期治療を心がけましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
じじ
2022-06-30 18:01:07
17歳です。写真右が現在です。鼻のところの皮膚がただれてるような感じになっています。痛みや痒みは無さそうです。呼吸をする時にたまにヒューと喉が詰まったような音が聞こえる時があります。年齢的に仕方ないのでしょうか?何か病気でしょうか?
こてつ
2022-06-24 18:39:00
はじめまして、12歳の雄猫、屋内飼いで飼っています。しっぽの付け根~半ばの間にしこり?のようなものが3ヶ所連なって出ています。いつからなのか、不確かですが、1ヶ月以内だと思います。触っても痛がる様子もありません。触感は肉球より少し固め、臭いなし、汁気なしです。 放置しておいても大丈夫でしょうか?ご多分中と存じますが宜しくお願い致します。
アニコム獣医師
2022-06-29 09:15:36
>こてつ様
お写真のようなしこりが皮膚に見られる場合、細菌・ウイルス・寄生虫感染等による皮膚炎、外傷による炎症、腫瘍等が主な原因として考えられます。
もしも腫瘍の場合は、悪性度によって早期の治療が必要になることもあるため、一度ご通院いただくことをおすすめします。
アニコム獣医師
2022-05-11 10:23:47
>わさび様
皮膚に病変があり、痒みもあって自分で掻いて悪化させる可能性が高い場合は早めに受診された方が良いですが、幸い猫ちゃんが気にしているご様子がないのでしたら、ご予約された受診日でも良いでしょう。経過をみていて、もし赤みや腫れが日に日に悪化するような場合はお早めに診てもらってくださいね。
わさび
2022-05-08 19:51:04
写真のように目の上1センチくらいの部分が赤くなっていることに気付きました。今のところ痛がったり、痒そうにしたりする素振りはありません。少し腫れているような気もしますが、ぷつっとデキモノのような感じは無く、出血も現状はありません。来週別件で受診の予約をしているのですが、その時まで様子見でもいいものでしょうか?やはり早めに受診すべきでしょうか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。