巨大結腸症 <猫>

概要

Overview

慢性の便秘などによって、糞便が大腸(結腸)にたまり、異常に拡張した状態をいいます。過剰に拡張してしまうと、結腸本来の機能を失ってしまい、自力でうんちを排便できなくなることもあります。

犬では稀ですが、猫では比較的多くみられる病気です。

巨大結腸症

原因

もっとも一般的な原因は、繊維質の少ない食事などによって便秘が誘発され、徐々に進行していくことで起きます。結腸に慢性的に便がたまるようになると、便の水分が結腸から吸収され、より固くなっていき、さらに排便が難しくなっていきます。これによって、結腸内に異常に便がたまるようになることで、結腸が風船のように伸ばされると、「巨大結腸症」と診断されます。

ほかにも、結腸の神経に異常を起こすことが原因で、腸が便を後ろにうごかせなくなってしまう場合もあります。また、異物、腫瘍、骨盤骨折などによって、便の通り道が狭まることで、この巨大結腸症が起きることもあります。

症状

便秘を起こすため、便が出ないというのが主な症状です。数日間にわたって排便がないこともあります。また、がんばってうんちを出そうと踏ん張る様子(しぶり)や、何度もトイレに行こうとするしぐさも見られます。

便秘が進むことで、食欲不振や嘔吐、痩せて行ってしまったり、脱水症状を起こすこともあります。

触診でも、おなかの中に大量の糞塊(ふんかい)がわかります。また、レントゲンでも大量の糞便がたまっていることが確認できるため、診断は比較的容易です。

治療

溜まっている便を外に出す処置を行います。

手袋をつけて、指をつかって肛門近くにある便をかき出します。浣腸を行う場合もあり、直腸内に温水などを注入して、便をやわらかくし、排せつしやすいように促します。この時、安易に浣腸用薬品を使うと、重度の脱水症状をおこす可能性もあるため、使用する場合は脱水に注意する必要があります。また、既にぐったりしているなど、重い症状がでている場合には、脱水や電解質異常のために点滴などの治療を行います。

長期的な治療には、繊維質の多い便秘用の療法食に切り替え、便軟化剤(べんなんかざい)などを併用することが多いです。便軟化剤は、ラクツロースなどが使用されることが多いですが、猫によっては味を嫌うこともありますが、根気強く量を与える必要があります。ほかにも、消化管の運動を促進する薬や、嘔吐防止のための内服薬を服用する場合もあります。しかし、繰り返し便秘を起こすことも多く、

便秘になって長期間が経過し、上記の内科的な治療法にも反応が見られない場合は、手術を行う場合もあります。

予防

バランスの取れた食事が重要です。とくに、食物繊維が多く含まれる「高繊維食」は、正常な排便を助けてくれます。腸内フローラを整えることも重要です。動物病院では、便秘の猫に向けて調整されたフードがあるため、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。

また、しっかり飲水することも重要です。脱水を防止することや、すこしでもうんちに水分を多くしておくとよいでしょう。

この病気は、一度かかるとその後も繰り返しやすいことでも知られています。薬ひとつで治るものではなく、飼い主さんの協力が必要な場面も多いため、根気強く向き合っていくようにしてください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。