扁平上皮癌 <猫>

概要

Overview

扁平上皮癌は、皮膚や粘膜を構成する扁平上皮細胞が腫瘍化したもので、耳介や外耳道などの耳の周りや鼻、目、口の中などの顔面に多くみられる悪性の腫瘍です。白いネコちゃんに多くみられることで知られています。

原因

はっきりとした発生の原因はわかっていませんが、長時間日光の紫外線にさらされることが発生の要因と考えられています。また、猫免疫不全ウィルス(FIV)感染症などによって免疫力が低下している場合も、発症しやすくなります。

症状

初期には、皮膚や粘膜に小さなしこりや潰瘍が出来ます。また、かさぶたができたり、赤くなったりと外見上皮膚病に似ている場合もあります。進行するとただれ、潰瘍が大きくなり、出血したり膿によって悪臭が生じたりすることがあります。

治療

一般的に、腫瘍の周りの正常な組織も含め手術によって摘出を行います。術後、再発防止のため放射線治療を行うこともあります。現在のところ、抗がん剤などによる化学療法はあまり効果がないと考えられています。

予防

ネコちゃんが長時間紫外線にさらされないようにすることが予防となります、特に白いネコちゃんには注意が必要です。また、白いネコちゃん以外でも発症することがあるので、普段からネコちゃんとのスキンシップをはかり、鼻や耳、口の周りをチェックし、早期発見、早期治療を心がけましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。