リンパ腫 <猫>

概要

Overview

リンパ腫は血液中にある白血球の一つであるリンパ球が癌化する血液の癌の一種です。病変の位置により「多中心型リンパ腫」「消化器型リンパ腫」「縦隔型リンパ腫」「皮膚リンパ腫」などに分けられていますが、中でも猫におけるリンパ腫の発症は、若い猫に発生が多い「縦隔型リンパ腫」と老齢の猫に多い「消化器型リンパ腫」が主となります。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

発症の原因ははっきりわかっていませんが、発症の一要因として猫白血病ウィルス(FeLV)の感染があるといわれています。その他、免疫力の低下やストレス、遺伝等様々な要因が重なり発症するといわれています。

症状

「消化器型リンパ腫」では、多くの場合腸管に腫瘍が出来るため下痢や嘔吐などの消化器症状がみられます。また、「縦隔型リンパ腫」では胸の中に腫瘍が出来るため、胸水がたまることも多く、咳や呼吸困難などの呼吸器症状がみられるのが一般的です。その他、「多中心型リンパ腫」では顎、脇の下、内股、膝の裏側などの体表リンパ節が腫れる症状、「皮膚型リンパ腫」には皮膚に湿疹や脱毛などの症状がみられます。リンパ腫は重度になると上記のような症状以外にも、免疫不全、食欲不振、削痩(ガリガリにやせている状態)など様々な症状を引き起こします。

治療

一般的にリンパ腫の治療は抗がん剤の投与となります。しかしながら、種類にもよりますが、抗がん剤には嘔吐や下痢、食欲不振、血球の減少などの副作用があります。
このような副作用を伴うため、抗がん剤の治療を行うかどうか、またどの抗がん剤を用いるかについては慎重に判断する必要があります。がんの進行状態によっては治療や延命への効果も異なりますし、抗がん剤の治療費は高額になる場合もありますので、かかりつけの先生とよく相談してから治療にのぞむことが重要です。

予防

発症原因がはっきりわからないので、発症自体を予防することは困難です。また、猫白血病ウィルス(FeLV)の感染がリンパ腫の発症要因といわれているので、若い頃からワクチン接種を受け、感染を防ぐことが大切です。また、感染した猫との接触を防ぐため、室内飼いを徹するなど猫白血病ウィルス(FeLV)の感染の機会をなくすことも重要です。
早期発見により、癌が進行する前に治療が可能となりますので、上記の症状がみられたら早めにかかりつけの動物病院で診察を受けましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ちゃんこ
2021-04-29 10:51:57
ご飯食べなくなった、動き鈍くなった→履くようになった、、。と思ったら小腸の癌でした。
手術のため開腹したけど腫瘍が大きすぎて切除不可、今は週一回の抗がん剤投与でがんの縮小を待つばかり。腫瘍が小さくなったら自分で食事ができるようになる。少しでもQOLをあげることができますように。
猫大好き!
2020-06-29 21:35:32
ある日突然、うちのゆずの顎下にしこりを見つけて病院に連れて行ったらやはり余命宣告。体内に転移してたんですが
先程痙攣が起きて病院へ。。
脳に転移したのかな。。

がんばれ!と言いたいけど
本猫は飼い主のために頑張ってるのはとても良くわかるから。

無理せず。
もう無理だ、と思ったら無理しないこと。と数日前にゆずには伝えました。

大好きだよ!!!!!!
ナーチャン
2020-06-26 14:10:45
14才9ヶ月でリンパ腫がみつかり6/10に亡くなりました。15年近く守ってくれてありがとうm(__)m天国で幸せに暮らしてね。
茶トラん
2020-06-18 09:37:57
昨日白血病由来のリンパ腫、あとひと月程と診断されました。
2、3年過酷な野良時代を見守ってましたが、保護して完全室内飼いしましたところ、元気そのもの。3年が過ぎようとしています。
ここ1週間食欲が落ち、飯より好きな狩り遊びもしなくなり、暑さのせいかな?
安心料と思った診断が、まさかの余命宣告です。
いい猫生だったか?は彼女にしかわからないけど、最期まで苦しくないよう寄り添いたいです。
nano(20代前半)
2020-05-31 22:41:54
生後半年くらいの保護猫ちゃんをお譲りいただいてから半年目。
今ではもう一歳になったサンタが咳や呼吸が早いため病院へ連れて行くとリンパ腫と診断され余命2.3ヶ月と言われました。
サンタの中にはたくさんの胸水がありました。
今は進行が進んでないせいか食欲もあり元気ですがこれから苦しい姿をみることを想像するととてもつらいです。
少しでも苦しまないようにしてあげようと思います。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。