副鼻腔炎 <猫>

概要

Overview

鼻の穴の奥には、副鼻腔という骨で囲まれた空洞になっている部分があり、鼻の粘膜はそこまで続いています。この副鼻腔内に炎症を起こすことを、副鼻腔炎といいます。副鼻腔炎が悪化すると膿性の鼻汁がたまり、蓄膿症となります。鼻炎が長引いたり、症状が悪化することによって副鼻腔炎を併発することが多いようです。

原因

鼻炎が長引いたり、慢性化した場合に副鼻腔炎となることが多く、原因は鼻炎と同様にウィルスや細菌、真菌などの感染症が多く、その他にも異物や腫瘍などが原因となります。

症状

ドロッとした粘り気のある膿性の鼻汁が出たりくしゃみをします。炎症がひどい場合、ネコちゃんの鼻すじが腫れて熱をもつこともあります。症状が悪化し鼻汁の排出が妨げられると、蓄膿症になります。その場合、呼吸しにくくなるため、口を開けてぜーぜーとあえぐような呼吸の症状がみられることや、匂いが嗅げないために食欲も低下し元気がなくなることもあります。

治療

症状が軽度の場合は、抗生剤や消炎剤を投与するなどの内科的治療を行ないます。しかし、鼻すじが腫れてきたり、蓄膿症を起こしている場合には外科的に鼻の皮膚を小さく切開して、副鼻腔まで穴をあけ、膿を除去したり副鼻腔内の洗浄を行う必要があります。

予防

副鼻腔炎を予防するためには、鼻炎の段階での治療が大切となってきます。鼻炎や副鼻腔炎の発症の予防のためにも、感染症予防となるワクチン接種をきちんと行い、鼻水、くしゃみなど鼻炎の症状がみられたら慢性化する前に早めの通院、治療をしましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師 小川
2020-03-09 10:49:05
>ニャオさま
まずは診断がついたことはよかったですね。副鼻腔炎は、ご存知のとおり人でも同じく治りづらい病気でもあります。鼻をかむことができれば少しでもいいのですが、動物はそれも難しく…。どうしても、根気のいる治療になってしまいます。
ソラ
2020-03-07 05:42:15
病院へ連れて行きました。結果蓄膿『副鼻腔炎』でした。自分もなった事あるので、辛さはわかります。薬をもらい、何回か通院したのですが、高額な通院費を払っても一向に良くなりませんでした。高齢もあるので、通院は諦めました。鼻が少しでも楽になる方法とか知ってる方は教えて欲しいです。
アニコム獣医師・兵藤
2020-01-23 17:24:16
>ニャオさま
もし大学病院のお話が出ているのであれば、もう少し踏み込んだ画像検査(CTやMRIなど)を行うことによって、副鼻腔炎の根本的原因が判明して治療の道筋が見えてくるかもしれません。ただし全身麻酔をかけての検査になるので、もし検査を行う場合は一般的な(避妊手術の際と同じような麻酔自体の)リスクはありますので、そちらもよく相談いただくのがいいかと思います。
ニャオ
2020-01-22 17:40:42
ありがとうございます。
時々ネプライザーをやったり、抗生剤を毎日飲んだりしていますが、完治することがないなら、手術なのかなと思って先生にお伺いしたところ、大学病院へいって頭蓋骨から穴を開けて洗浄すると聞いて、怖いし高そうだし、手術はやめようかと思いました。
年齢は5歳くらいで、メスネコで避妊手術済みです。
何か完治する薬や手立てはありませんか?
よろしくお願いします。
アニコム獣医師・兵藤
2020-01-14 12:30:13
>ニャオ様
手術すべきかどうかは、症状や原因・年齢などによっても異なってきます。またどんなお薬を使うかは、副鼻腔炎の根本的な原因にもよります。かかりつけの先生とよく相談されることをおすすめします。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。