ツメダニ症 <猫>

概要

Overview

ツメダニ症はネコツメダニというダニの寄生によって起こる皮膚炎です。この皮膚炎は、痒みは軽度ですが大量のフケが発生します。ネコちゃんだけではなく、ヒトを刺して皮膚炎をおこすこともあります。

原因

ネコツメダニが寄生する事によって起こります。ネコツメダニは0.4-0.5mmぐらいの大きさで、頭に巨大なかぎ爪を持っているのが特徴です。寄生したどうぶつの皮膚で卵を産み、増えていきます。

症状

ネコツメダニがネコちゃんに寄生すると、寄生部分からフケが生じます。ネコちゃんの症状は軽度で痒みもあまりないことが多いようですが、ヒトがこのダニに刺されると、発疹を起こし、強い痒みや痛みを伴います(ダニ刺咬性皮膚炎)。

治療

殺ダニ剤の投与による治療を行ないますが、殺ダニ剤はダニの卵には効かないので、数回の投与が必要なこともあります。また、ネコちゃんの生活環境を清潔にすることが重要です。

予防

ネコツメダニは感染しているネコちゃんとの接触により感染するため、感染どうぶつとの接触を避け、ネコちゃんの生活環境の衛生面には充分に注意しましょう。また、感染してしまった場合にはヒトにも皮膚病をもたらすこともあるので、ネコちゃんの治療を早めに行うことも重要です。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。