結膜炎 <猫>

概要

Overview

結膜炎とは、まぶたの裏側にある結膜が炎症を起こす眼の病気です。ネコちゃんではしばしばみられ、片眼だけのこともありますが、両眼ともに結膜炎を起こす場合もあります。

猫【結膜炎】

原因

主に猫ウィルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症)や猫カリシウィルス感染症などのウィルス感染症が引き金となって発症します。また、アレルギーや異物が眼に入ることよっても結膜炎が起こります。

症状

結膜炎になると、結膜が赤く腫れて涙がでる、眼やにが出る、むくむ(浮腫)などの症状が出ます。眼やにがひどい場合には、まぶたがくっついてしまい眼が開かなくなってしまうこともあります。また、治療なくそのまま放置すると、眼球と結膜がくっついてしまい、手術をしなくては瞼が開かなくなってしまう場合もあります。

治療

結膜炎を起こしている原因の治療を行うことが基本となりますが、結膜炎に対しての一般的な治療としては、まず眼をきれいに洗い、抗生剤や消炎剤等の目薬による治療を行います。また、原因によって内服や注射等の治療も併用して行ないます。原因が感染症の場合は、他のネコちゃんにうつってしまう可能性もあるため、多頭で飼育している場合隔離する必要があります。

予防

定期的に眼に異常が無いかどうか確かめることで、早期発見、早期治療につながります。
感染症の場合はワクチン接種をきちんと行なうことで、症状を軽くできたり、ウィルス感染を回避することができます。またウィルス感染を回避するのに、室内飼いも有効です。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。