免疫介在性血小板減少症(IMTP) <犬>

概要

Overview

血小板は血液中にある小さな細胞で血液凝固の役割を担っており、ワンちゃんが出血をした場合など止血に重要な役割を果たします。
免疫介在性血小板減少症は、ワンちゃんの体の免疫機能がなんらかのきっかけで、自身の血小板を破壊してしまい、様々な症状を示す病気です。男の子のワンちゃんより女の子のワンちゃんの発症が多いことで知られています。

原因

発生の原因ははっきりとわかっていませんが、感染や遺伝的な素因も原因の一つではないかといわれています。ワンちゃん自身の免疫機能が、なんらかのきっかけで自分自身の血小板に抗体を作ってしまい、その抗体によって、自分自身の血小板を破壊してしまうことが原因となります。
この病気がよく見られる犬種として、マルチーズ、シー・ズーやプードルなどが挙げられます。

症状

血小板が破壊されるため血液凝固異常がおこり、皮膚に紫斑(ぶつけた訳でもないのに内出血がおきている様子)や点状出血がおきたり、鼻出血や血尿、歯肉からの出血、血便などの症状が起こります。

治療

血小板を破壊する免疫機能を抑える治療を行います。一般的には免疫抑制効果がある副腎皮質ホルモンを投与しますが、症状によってはその他の免疫抑制剤なども投与します。治療は数ヶ月かかることが多く、いったん完治した場合でも再発することがあるので注意が必要です。また、近年、再生医療、細胞治療の研究がさかんになされており、病院によっては有効な治療方法の一つとして実用化されています。

予防

発症の原因がはっきりしていないので、予防することは難しい病気です。治療が遅れると重症になることもあるため、早期発見・治療が重要です。上記のような症状がみられたら、早めにかかりつけの先生に相談してください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師 馬場
2020-06-04 11:05:56
>Suivi様
少なくとも免疫介在性血小板減少症は、ウサギではこれまで見つかっていません。血小板が少なくなる原因としては、敗血症や重度の炎症などのほか、検査上の問題でみられることもあります。体調に問題がないようですので一時的なものかもしれませんが、血小板が少ないと出血を起こしやすく、貧血になることもあります。獣医さんとよく相談して、慎重に経過を見ることをお勧めします。
Suivi
2020-06-03 13:29:00
うちのネザーランドワーフ2歳半の子が
血小板が極端に少ないという検査結果が出ました。
今のところ生活に支障は出ていないのですが、
何か特別な治療を行った方が良いでしょうか?
ウサギ(♀)がこのような状態になるのは稀な
ことなのでしょうか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。